腰痛はソフト施術の川越のヒロ整体

腰痛解消は、骨盤・腰椎矯正で

骨盤矯正(SOTブロックによる仙腸関節の矯正)
骨盤矯正(SOTブロックによる仙腸関節の矯正)

川越市のヒロ整体院には、病院や整骨院で治らなかった腰痛の方が、多数通院されてます。
腰痛の人は、骨盤に歪みがあり、腰椎(背骨の腰の部分の骨)にも歪みがあり周辺の筋肉が凝り固まっています。
腰痛の施術では、最初に骨盤矯正をします。
骨格の土台である骨盤をいい状態にしてから、背骨(腰椎)の歪みも矯正します。
それで、硬く凝った腰部が柔らかくなり、痛みが緩和します。
腰部の深い部分の凝りは、直接患部を施術して和らげます。
これで慢性化した腰痛でもかなり楽になります。

痛みが発生している腰部の施術だけでなく、腰痛の原因がどこにあるか体の状態を確認し、体の使い方、姿勢、生活習慣をお聞きし、腰痛の根本原因を見つけ施術します。
腰痛が解消した後もその状態を維持するために、姿勢や体の使い方、生活習慣のアドバイスも行っています。

慢性化した腰痛の人の過半数に、消化器(胃腸、肝臓など)の疲れがあります。
腎臓の不具合でも背中の下部、腰の部分に違和感や重だるさを感じることがあります。

慢性化した腰痛で消化器の調子が悪い人には、内臓調整をします。
胃腸の不調が原因の腰痛には、腰の筋肉の凝りをほぐしただけでは解消しません。
胃腸を楽にすることで、腰痛も解消に向かいます。

腰痛原因の一番は悪い姿勢

腰部・臀部(骨盤)の筋肉
腰部・臀部(骨盤)の筋肉

慢性的に腰痛に悩んでいる人の大部分は、腰痛になるような体の使い方や生活習慣をしています。

腰に過剰に負担がかかる前傾姿勢や背中を丸めた姿勢です。
本人がそれに気づいていることは少ないです。

腰痛の90%以上は、筋肉、筋膜、靭帯などの腰椎周辺の軟部組織(骨以外の組織)の機能低下が原因です。
腰椎や椎間板などの変形が原因のものは10%以下です。
手術や痛み止めなどでは根本的に解決できない腰痛が大部分です。

腰痛を根本的に回復させるためには、姿勢と体の使い方を改善することが必要です。
腰に負担をかける姿勢や動作を改善していくだけでも、腰痛は緩和していきます。

腰痛の人は、長時間座り続けたりクルマを運転した後や起床の直後は、絶対に上半身を急に屈めないように注意してください。

膝・股関節・足首・胃腸の不調で腰痛に

腰痛の原因は腰以外にもあります。
何年も前に捻挫した足首がちゃんと治ってないため腰に負担がかかり、腰が痛くなることもあります。
膝や股関節の具合が悪くて、腰に痛みが出ていることもあります。
腰痛の人の過半数は、胃や腸など消化器の調子が悪いです。
消化器の不具合で背骨や骨盤に負担がかかり腰痛が発生しているケースが多いです。

糖尿病でも腰痛を起こすことがありますし、膵臓癌の場合は、強烈な腰痛を引き起こします。

腰痛で整体に来られるお客様の多くは、「腰痛だから腰を治して欲しい」と言われますが、腰も他の身体の部分と連動して動いています。

腰が痛むのは原因ではなく結果です。
原因を探し出し、原因を取り除くことが、腰痛の根本的回復と維持には必要です。

妊婦の腰痛

妊婦の腰痛
妊娠して腰痛が悪化することも!

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。
一つ目は、妊娠によってホルモン分泌が変わることによる影響。
二つ目は、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労が回復しにくくなったり、腰部への負荷が大きくなるためです。

妊娠するとリラキシンというホルモンの分泌が盛んになります。
赤ちゃんが生まれるときは産道(膣)を通ります。出産に向けて骨盤を開いていく必要があります。
左右の骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンなのです。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと骨盤や腰椎などの支えが不十分になります。
そのためそれを補うために、周囲の筋肉が硬く緊張して骨盤などを支えようとするのですが、それでも骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へつながるようです。

リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があります。
お腹が大きくなるにつれて、体のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になり、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増します。

反り腰になっても腰痛が出ない妊婦さんもいますが、妊娠する以前に腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性が高いです。
腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、(下肢)太腿へのしびれなどが発生することもあります。

ヒロ整体院の施術は、うつ伏せの姿勢が取れなくなる妊娠後期の妊婦さんでも、座った姿勢や仰向けの姿勢でできるので、妊娠後期の妊婦さんの腰痛でも施術ができます。

腰の椎間板ヘルニアの改善例

30代前半の男性
30代前半の男性

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)と10年前に診断された方です。
来院の前日にぎっくり腰をやりました。
痛み止めを服用しています。
仕事は基本的には座っているデスクワークです。
趣味でサッカーとゴルフをしています。

左側の腰(特に仙骨の左側)が痛みます。
背中の中央部が硬く張っています。
体を左側に捻ると、腰の左側が痛みます。
上体を後ろに反らしても痛みます。
上体を左側に曲げても痛みます。
首の張りもあります。
顔は左側に向けづらいです。
左足で着地するとき腰が痛みます。
右膝が痛むこともあります。

整形外科で牽引と電気治療を受けましたがあまり改善しないので、整体院(当院とは別の)に行き、腰と脊椎と首の矯正をしてもらったことがあります。

サッカーとゴルフを続けながらの治療(施術)なので、改善には波がありました。
ある程度改善しても、練習で痛みが再発することもありましたが、8回の施術で腰痛、と膝痛は解消しました。

ただ、腰のヘルニアを持っているので、疲労困憊したり無理な動き、激しい運動をすると腰痛は再発する危険性はあるので、定期的な調整が大切だと思います。

腰椎がつぶれて腰が痛む

60代後半の男性
60代後半の男性

30年前に、二階から落ちて腰椎1番をつぶしました。
それ以来、腰椎1番が炎症を起こすと、腰が痛むようになりました。
ズーっと座っているのが一番辛いです。
仰向けの姿勢も立っているようり辛いです。

仕事は建設設備の会社で働いています。
事務的作業と現場作業が半々くらいです。
趣味は渓流釣りです。
腹筋を鍛えています。
針治療は週に2回、定期的に通っています。
治療を受けていると安心感があります。
酒を飲む機会は多いです。

上体を後ろにそらすと腰が痛みます。
立っているだけでもうっすらと痛みはあります。
左肩が上がり、上体が右に傾いていて、右方向への捻れがあります。
前かがみの姿勢の方が楽なので、体(特に上体)をまっすぐ直立しづらいです。
仰向けの姿勢が辛いせいか、あまりよく眠れません。背中が固まっている状態です。

施術を重ねるにつれて、良く眠れるようになり、上体もまっすぐに伸ばせるようになってきました。
腰の痛みも和らいできましたが、渓流釣りに出かけた後は、体をかなり使ったことと下半身が冷えたことで、痛みが戻ってきた感じのときもありましたが、施術後は、痛みはかなり軽くなりました。

腰椎1番が潰れているので、完全に腰痛解消と体の歪みの完全な解消は難しいですが、定期的に整体で体を調整していれば、日常生活では辛いと感じない程度の良い状態は維持できると思います。

※施術効果には個人差があります。

ヒロ整体院 住所:埼玉県川越市末広町3-10-2ファミール末広201  Tel:049-223-2017

川越ヒロ整体院トップページ

2021年6月21日